【スポンサーリンク】

カイリー・アービングがメディアインタビューを拒否?

ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは、何か発言するたびに批判を浴びるタイプのプレイヤーになってしまった。

アービングはメディアに対して批判的な姿勢を持っており、SNSやコート外の活動で自身のメッセージを直接伝えようとしているが、メディアに対する反感は相当なものなのかもしれない。

RealGMによると、アービングはトレーニングキャンプ前のメディアインタビューに応じず、代わりにファンに向けて声明文を発表したという。

国内外の僕たちのコミュニティの安全と健康を願っている。

僕は開幕に向けて本当に興奮しているし、この旅を通して全員の安全と健康を祈っている。

今日はメディアに話す代わりに、僕のメッセージが適切に届くようこの声明文を発表させてもらうよ。

僕は毎日働き、楽しむための準備をし、競い、パフォーマンスし、ネッツの組織にいるチームメイトや同僚たちと共に優勝することを約束する。

僕の今季の目標は、コート内と外で僕の仕事を物語ること。

今年は人生が異なる形でぶつかってきて、僕や僕たちに異なる動きを要求している。

だから、これはその変化の始まりなんだ。

オーランドでのNBAシーズン再開が検討されていた時、アービングはバスケットボールより社会活動を優先すべきとし、シーズン再開に否定的な主張を繰り返していた。

これからも社会活動に力を入れるだろうが、来季はNBAのプラットフォームもうまく活用し、力強いメッセージを発信してもらいたい。

なお、アービングの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数20528
平均出場時間32.933.8
平均得点27.422.4
平均リバウンド5.23.7
平均アシスト6.45.7
平均スティール1.41.3
平均ターンオーバー2.62.6
FG成功率47.8%46.6%
3P成功率39.4%39.0%
フリースロー成功率92.2%87.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA