【スポンサーリンク】

ボグダン・ボグダノビッチがトレード報道について「何が起きているのか分からなかった」

ボグダン・ボグダノビッチがトレード報道について「何が起きているのか分からなかった」

NBAタイトル獲得を逃したミルウォーキー・バックスは、オフシーズン中にボグダン・ボグダノビッチをサイン&トレードで獲得すると報じられた。

だがその後、制限付きFAのボグダノビッチに何の報せもなく、バックスが認められていない期間中に交渉したとされ、トレードは実現しなかった。

この件についてボグダノビッチが振り返った模様。

ボグダノビッチによると、トレードのニュースを聞いた時は驚きを隠せなかったという。ボグダノビッチのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

ニュースが出た時、「何だこれは?」という感じだった。

何が起きているのか分からなかった。

何が起きているのか分からなかったんだ。

トレードされたことにうんざりしたのではない。

不誠実だったんだ。

誰もそれお知らせてくれなかったからね。

ボクダノビッチのキングスに対する信頼は、その時に失われてしまったのだろう。

このトレードが撤回された後、ボグダノビッチはアトランタ・ホークスのオファーに応じ、キングスはそれにマッチしなかった。

ボグダノビッチによると、ホークスの4年7200万ドルオファーにサインとした時、キングスがマッチしないことを強く願っていたという。

トレードされたことをニュースで知るのはNBAにおいてよくあることだが、こういったトレードは選手と組織の信頼関係を損ねることになるのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA