【スポンサーリンク】

マーカス・モリスがナゲッツ戦逆転負けについて「モチベーションにする」

マーカス・モリスがナゲッツ戦逆転負けについて「モチベーションにする」

昨年夏にスーパースターのカワイ・レナードとポール・ジョージを獲得したロサンゼルス・クリッパーズは、NBAチャンピオン最有力候補の1チームだった。

だが、カンファレンスセミファイナルでデンバー・ナゲッツと対戦すると、3勝1敗とシリーズ突破に王手をかけたものの、まさかの逆転負け。

この結果を受け、クリッパーズには批判が集中し、指揮官のドック・リバースはチームを去ることになった。

だが、この経験がクリッパーズをより強力なチームに生まれ変わらせるかもしれない。

ベテランフォワードのマーカス・モリスによると、クリッパーズの選手たちはナゲッツとのシリーズの逆転負けをモチベーションにしているという。モリスのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

(ナゲッツに)やられ始めた時、僕たちは修正するのに十分な時間を費やさなかったと思う。

タレントに頼りすぎ、机上の戦略に頼りすぎた。

あの時、僕は何度かそう言った。

僕たちは過信していたと思うし、やるべきことを見つけなかったんだ。

3勝1敗でリードし、そこから3連敗した。

細かく調整していなかったんじゃないかな。

昨季の僕たちは明らかにうまくいかなかった。

だが、僕たちはすでに来季に向かっているし、皆もリベンジのモチベーションにしていると思う。

3勝1敗から負けたのは厳しかった。

負けたことではない。

負け方だ。

このチームにとってそれが大きなモチベーションになるんじゃないかな。

あのチーム(ナゲッツ)は僕たちより優れていなかった。

僕たち全員がそう認識している。

あの逆転負けでメンタルをやられてしまったが、僕たちはコートで証明しなければならない。

このチームはもっと大きくなると思うよ。

プレイオフで特に批判を浴びたのは、昨季中のトレードでクリッパーズに加わったジョージ。

だが、ジョージもモリスと同じ認識を持ち、リベンジを誓っている。

このオフにサージ・イバカ、ニコラス・バトゥーム、ルーク・ケナードを加え、ロスターを調整したクリッパーズは高いモチベーションでプレイし、昨季以上の戦いを見せてくれるだろう。

なお、モリスの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
所属チームニューヨーク・ニックス
ロサンゼルス・クリッパーズ
ヒューストン・ロケッツ
フェニックス・サンズ
デトロイト・ピストンズ
ボストン・セルティックス
ニューヨーク・ニックス
ロサンゼルス・クリッパーズ
出場試合数62607
平均出場時間31.227.0
平均得点16.7
(キャリアハイ)
12.1
平均リバウンド5.04.7
平均アシスト1.41.5
平均スティール0.80..7
平均ターンオーバー1.61.2
FG成功率43.8%43.2%
3P成功率40.8%
(キャリアハイ)
36.7%
フリースロー成功率82.3%75.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA