【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビールの2年延長契約は移籍しやすくするため?

NBAを代表するスコアラーのブラッドリー・ビールは昨年、所属するワシントン・ウィザーズと2年の延長契約を結んだ。

2年目はプレイヤーオプションとなっているため、ビールは2021-22シーズン終了後にFAになることができる。

この契約には、ウィザーズの状況を確認し、自身の去就に柔軟性をもたせる意味があったのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、ビールはウィザーズが勝利できなかった時に備え、自身の去就に柔軟性を持たせるために短期契約を選択したという。

これが事実であれば、ウィザーズが結果を残すことができなかった場合、ビールは他のNBAチームへの移籍を検討するだろう。

ビールは自身の去就は自身で決めたいと考えているというが、ウィザーズはビールをキープするためにも結果を残したいところだ。

ウィザーズがこのオフシーズン中にロスターをどう調整するのか注目したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA