【スポンサーリンク】

ウォリアーズがケリー・ウーブレのトレード獲得を狙う?

ステフィン・カリーとクレイ・トンプソンが復帰するゴールデンステイト・ウォリアーズは、NBAタイトル奪還を狙っている。

それに備え、このオフシーズン中はロスターの強化に動くと見られるが、成長著しい若手獲得に動くかもしれない。

NBC Sports Bay Areaによると、ウォリアーズはフェニックス・サンズのケリー・ウーブレ獲得に動く可能性があるという。

ウォリアーズが優先して獲得を狙うと見られているのは、インサイドを担えるビッグマンだ。

だが、ショーン・リビングストンとアンドレ・イグダーラを失ったウォリアーズはベンチ層が薄くなり、ベンチの強化も不可欠とされている。

現在24歳のウーブレはサンズ移籍後からメキメキと頭角を現し、昨季はサンズのスターターに定着。

スコアリング能力も高く、今後さらなる成長が期待できるだけに、ウォリアーズにとって大きなベンチオプションとなり得るだろう。

なお、ウーブレの2019-20シーズンとNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数56348
平均出場時間34.524.1
平均得点18.7
(キャリアハイ)
10.9
平均リバウンド6.4
(キャリアハイ)
4.1
平均アシスト1.5
(キャリアハイ)
0.9
平均スティール1.3
(キャリアハイ)
0.9
平均ターンオーバー1.51.0
FG成功率45.2%
(キャリアハイ)
43.1%
3P成功率35.2%
(キャリアハイ)
32.9%
フリースロー成功率78.0%77.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA