【スポンサーリンク】

ケビン・デュラント「ひとつひとつのポゼッションを大切にするしかない」

ケビン・デュラント「ひとつひとつのポゼッションを大切にするしかない」

今季のNBAチャンピオン最有力候補のブルックリン・ネッツは先日、2年連続MVPのヤニス・アンテトクンポ率いるミルウォーキー・バックスに惜敗した。

ネッツはケビン・デュラントが42得点、10リバウンド、カイリー・アービングが20得点、7リバウンド、6アシストを記録したものの、アンテトクンポに49得点を許してしまい敗戦。

これによりネッツは2連敗とし、バックスとのゲーム差は2.5に縮まったわけだが、デュラントによると、連敗のことは特に気にしていないという。

デュラントはバックス戦を振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

毎朝起きるたびに、自分自身の技術について考えるべきだと思う。

全員がそうやってアプローチしているんじゃないかな。

僕たちはひとつひとつのポゼッションを大切にしている。

シーズンが終わった頃にどうなっているのか、他のチームがどうなっているのかは、僕たちにコントロールできることではない。

ひとつひとつのポゼッションを大切にしなければならない。

それが僕たちがやっていることだ。

ジェイムス(・ハーデン)がいないのは明らかだ。

全員がコートに立つことを望んでいる。

だが、この連敗を教訓にし、明日には改善し、次のゲームのことを考えなければならない。

僕たちはまた彼らと対戦する。

これの良いところは、彼らを相手にして僕たちがどういう状態にあるのか見ることができるということだ。

ネッツはすでにNBAプレイオフ進出を決めている。

だが、現地4日のバックス戦で勝利を収め、バックスに対する嫌なイメージを払拭したいところだろう。

果たしてネッツはバックスにリベンジし、連敗を止めることができるだろうか?

なお、ネッツのレギュラシーズン残りのスケジュールは以下の通りとなっている。

現地日付対戦チーム備考
5/4ミルウォーキー・バックスアウェイ
5/6ダラス・マーベリックスアウェイ
5/8デンバー・ナゲッツアウェイ
5/11シカゴ・ブルズアウェイ
5/12サンアントニオ・スパーズホーム
5/15オーランド・マジックホーム
5/16クリーブランド・キャバリアーズホーム

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA