【スポンサーリンク】

ディアーロン・フォックス「僕たちのディフェンスではNBAで1試合も勝てない」

NBAプレイオフ復帰を目指すサクラメント・キングスは現地8日、今季難しい時間を送っているトロント・ラプターズと対戦した。

キングスはオールスターポイントガードのカイル・ラウリー不在のラプターズ相手に第1Qで43点、第2Qで31点を記録し、3点のリードで後半に突入。

だが、第3Qでラプターズに40点を許すと、終わってみれば144点を奪われ、21点差で大敗した。

この日のキングスはFG成功率56.8%、3P成功率44.1%と高い数字を記録。

にもかかわらず敗れたのは、ラプターズにFG成功率58.2%、3P成功率51.3%を許したディフェンスに問題があると言えるだろう。

NBAキャリア4年目を迎えているディアーロン・フォックスも、キングスの緩慢なディフェンスに憤りを感じているようだ。

フォックスはラプターズ戦終了後、次のように指摘。clutchpoints.comが伝えている。

僕たちがやったディフェンスでは、このリーグで1試合も勝てないだろう。

今日の僕たちはFG成功率60%だった。

FG成功率60%のゲームを落とすはずがない。

キングスは現地6日にシカゴ・ブルズに勝利し、勝率5割に復帰。

だが、ラプターズに敗れたことで再び借金を背負うことになってしまった。

キングスが次に対戦するのは、同じくディフェンスを課題にしているポートランド・トレイルブレイザーズ。

キングスはデイミアン・リラードとCJ・マッコラムという強力なバックコートをディフェンスで封じ込め、ラプターズ戦の悪いイメージを払拭したいところだ。

なお、フォックスの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数9214
平均出場時間29.730.2
平均得点18.916.3
平均リバウンド2.63.4
平均アシスト5.36.1
平均スティール1.71.4
平均ターンオーバー2.92.7
FG成功率45.9%45.1%
3P成功率29.0%32.6%
フリースロー成功率70.9%71.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA