【スポンサーリンク】

サンダーが1年契約数時間後にアントニウス・クリーブランドをウェイブ

FAガードのアントニウス・クリーブランドは現地3日、オクラホマシティ・サンダーと1年の無保証契約を結んだ。

だが、自身をアピールする間もなくサンダーを去ることになった模様。

Yahoo Sportsの記者によると、サンダーはクリーブランドを契約数時間後にウェイブし、メルビン・フレイジャーJrと契約したという。

クリーブランドは昨季、2ウェイ契約でダラス・マーベリックスとその傘下のGリーグチームであるテキサス・レジェンズでプレイ。

昨季はレジェンズで36試合に出場し、平均14.4得点、7.3リバウンドを記録したというが、来季もGリーグで過ごすことになりそうだ。

これにめげず、NBAチームとのスタンダード契約を狙ってGリーグで実績を残してもらいたい。

なお、クリーブランドのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
所属チームダラス・マーベリックスダラス・マーベリックス
アトランタ・ホークス
出場試合数1128
平均出場時間4.26.0
平均得点1.01.2
平均リバウンド0.60.8
平均アシスト0.10.1
平均スティール0.10.3
平均ターンオーバー0.20.3
FG成功率28.6%34.3%
3P成功率0%42.9%
フリースロー成功率60.0%63.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA