【スポンサーリンク】

ディジョンテ・マレー「毎試合が第7戦のよう」

ディジョンテ・マレー「毎試合が第7戦のよう」

今季のサンアントニオ・スパーズは難しい時間を過ごしている。

1998-99シーズン以来となるスパーズがレギュラーシーズン50勝未満で終わるのは、1998-99シーズン以来初。

ただし、1998-99シーズンはロックアウトのシーズンであり、この年のスパーズは37勝13敗(勝率74.0%)を記録し、NBAチャンピオンに輝いた。

それを除くと、レギュラーシーズン50勝を下回ったのは1996-97シーズン(20勝62敗)にさかのぼる。

この年はゼネラルマネージャーを務めていたグレッグ・ポポビッチがシーズン途中に自らヘッドコーチに就任した年だ。

つまり、ポポビッチがフルタイムでヘッドコーチをこなすようになってから、最低の成績でシーズンを終えることになる。

先発ポイントガードに抜擢されたディジョンテ・マレーは現状に危機感を抱き、プレイオフ進出へ向けて毎試合気を引き締めて臨んでいるようだ。

マレーはスパーズの現状について次のようにコメント。sportsnaut.comが伝えている。

「俺たちにとってすべてのゲームがプレイオフ第7戦だ。俺たちはそう思ってプレイしなきゃいけない」

スパーズは現在、ウェスタン・カンファレンス6位。

同7位オクラホマシティ・サンダーとはゲーム差なし、同8位ミネソタ・ティンバーウルブズ、同9位デンバー・ナゲッツとはわずか1ゲーム差だ。

今季のレギュラーシーズンは残すところ2試合のみ。

スパーズはこの難しい状況を切り抜け、プレイオフ進出を果たせるだろうか?

なお、スパーズの残り2ゲームの対戦チームはサクラメント・キングス、ニューオーリンズ・ペリカンズとなっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA