【スポンサーリンク】

ドワイト・ハワードがレイカーズとの再契約ツイートについて説明

ドワイト・ハワードがレイカーズとの再契約ツイートについて説明

昨年夏にロサンゼルス・レイカーズと1年契約を結び、NBAキャリアで初めてベンチプレイヤーの役割を受け入れたドワイト・ハワードは、昨季を復活のシーズンとした。

そのハワードが、このオフにフィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍した。

ハワードは先日、SNS上に「僕は今いるところに留まるよ。レイカーネーションの皆を愛している。パープル&ゴールドは決して古びない」と投稿し、レイカーズとの再契約を示唆。

だが、その数分後にツイートを削除すると、直後にシクサーズとの契約合意が報じられた。

では、なぜハワードはレイカーズとの再契約を示唆するツイートをしたのだろうか?

ハワードはこの件について次のように説明。blacksportsonline.comが伝えている。

僕は(レイカーズから)オファーが来たと思っていた。

それが君たちがあのひどいツイートを見た時さ。

僕は本当に(レイカーズに)戻ると思っていた。

だが、オファーはなかったんだ。

レイカーズにおいてハワードの出場時間は決して長くなかったものの、コートに立った際はリム周辺で存在感を放ち、チームの10年ぶりとなるNBAタイトル獲得に貢献。

2020-21シーズンもレイカーズのユニフォームを着てプレイすることを望み、レイカーズもハワードに再契約をオファーする見込みと報じられていた。

レイカーズがハワードをプランから外したのか、それとも再契約オファーが遅すぎたのかは分からないが、レイカーズファンの多くは今回の移籍を受け入れ、彼の貢献を称えることだろう。

なお、ハワードの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
所属チームロサンゼルス・レイカーズオーランド・マジック
ロサンゼルス・レイカーズ
ヒューストン・ロケッツ
アトランタ・ホークス
シャーロット・ホーネッツ
ワシントン・ウィザーズ
出場試合数691113
平均出場時間18.933.5
平均得点7.516.7
平均リバウンド7.312.3
平均アシスト0.71.4
平均スティール0.40.9
平均ブロックショット1.11.9
平均ターンオーバー1.22.8
FG成功率72.9%58.6%
フリースロー成功率51.4%56.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA