【スポンサーリンク】

クリス・ポールのレイカーズへのトレードは時間の問題?

オクラホマシティ・サンダーのクリス・ポールには、トレードの噂が浮上している。

サンダーは若手中心のチームに生まれ変わる見込みで、ポールのトレードは既定路線とも報じられており、多くのNBAチームがポール獲得を虎視眈々と狙っているだろう。

現在ロサンゼルス・レイカーズやロサンゼルス・クリッパーズ、ミルウォーキー・バックス、ニューヨーク・ニックスなど多くのチームがトレード先候補として噂されているが、ポール獲得レースのトップを走っているのはNBA王者レイカーズなのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、ポールがレイカーズへ移籍し、親友レブロン・ジェイムスとタッグを組むのは時間の問題という認識がリーグ周辺で広がっているという。

レイカーズではケンテイビアス・コールドウェル・ポープやラジョン・ロンド、アンソニー・デイビス、ドワイト・ハワードなど主力の多くがFAになる見込み。

もしポールをトレードで獲得する場合、コールドウェル・ポープおよびロンドとの再契約は断念するだろう。

また、セカンドユニットのポイントガードにはアレックス・カルーソを起用すると予想される。

来季はケビン・デュラントとカイリー・アービングが復帰するブルックリン・ネッツ、ステフィン・カリーとクレイ・トンプソンが復帰するゴールデンステイト・ウォリアーズなどNBAタイトルコンテンダーが増えるため、レイカーズには第3のスタープレイヤーが必要とも評価されている。

過去にはレイカーズへのトレードが決定直前までいったものの、デイビッド・スターン前NBAコミッショナーが拒否権を行使したため、ポールのレイカーズ移籍は叶わなかった。

果たして今回は実現するのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA