【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビール「ラッセル・ウェストブルックが僕たちを楽にしてくれる」

ブラッドリー・ビール「ラッセル・ウェストブルックが僕たちを楽にしてくれる」

ワシントン・ウィザーズのラッセル・ウェストブルックは、つい先日まで6試合連続でトリプルダブルを記録していた。

現地16日のニューオーリンズ・ペリカンズ戦でトリプルダブル連続記録はストップしたが、その後現在に至るまで2試合連続でトリプルダブルを記録している。

トリプルダブルマシーンとしても知られているウェストブルックの圧倒的なパフォーマンスを目の前で見せつけられているブラッドリー・ビールは、ウェストブルックのトリプルダブルを量産する能力に感銘を受けているという。

ビールはウェストブルックについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

クレイジーだ。

彼が数年前に平均30得点でトリプルダブルのシーズンスタッツを記録してMVPに選出された時、僕は「どうやっているんだ?」という感じだった。

今、僕はそれを目の当たりにしているんだ。

クレイジーなことが起きている。

彼は試合最初の5分間で4得点、7リバウンド、7アシストを記録してしまう。

そんな時は、「OK、彼にとって良い夜になるだろう」という感じさ。

僕たちは彼のそういうところだ大好きだし、彼のアグレッシブさが大好きだ。

僕たちはそれから利益を得ている。

彼がリバウンドを奪ったら、僕たちはプッシュする。

彼は僕たちを楽にしてくれるんだ。

ウィザーズがトレードでウェストブルックを獲得した時、ウェストブルックがボールを支配してしまい、ビールのスコアリングが失われてしまうのではないかと懸念されていた。

だが、ウェストブルックが平均トリプルダブルのスタッツを記録している一方で、ビールはNBAキャリアハイとなる平均31.1得点を記録している。

つまり、ウェストブルックの加入はビールに好影響をもたらしていると言えるだろう。

ウェストブルックとビールがさらにケミストリーを構築することができれば、来季のウィザーズはNBAタイトルを狙えるチームに変貌するかもしれない。

なお、今季のビールとウェストブルックのスタッツは以下の通りとなっている。

B・ビールR・ウェストブルック
出場試合数4850
平均出場時間35.435.5
平均得点31.1
(キャリアハイ)
21.8
平均リバウンド4.710.9
平均アシスト4.710.9
(キャリアハイ)
平均スティール1.21.3
(キャリアワーストタイ)
平均ターンオーバー3.35.0
FG成功率48.4%
(キャリアハイ)
43.8%
3P成功率34.3%
(キャリアワースト)
31.1%
フリースロー成功率89.5%
(キャリアハイ)
61.8%
(キャリアワースト)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA