【スポンサーリンク】

トミー・シェパードGM「スコット・ブルックスとの決別がラッセル・ウェストブルックに影響を及ぼすことはない」

トミー・シェパードGM「スコット・ブルックスとの決別がラッセル・ウェストブルックに影響を及ぼすことはない」

NBAプレイオフ・ファーストラウンドで敗退したワシントン・ウィザーズは先日、ヘッドコーチのスコット・ブルックスに再契約をオファーせず、決別したことを発表した。

ブルックスはラッセル・ウェストブルックが最も信頼を寄せるコーチのひとりであり、ウィザーズがブルックスと決別したことがウェストブルックに影響を及ぼすのではという声もある。

だが、ウィザーズのゼネラルマネージャーを務めるトミー・シェパードによると、ブルックスとの決別がウェストブルックに影響を及ぼすことはないという。シェパードGMのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

彼(ウェストブルック)は前に進む。

ラッセルのキャリアがそれを物語っている。

彼は他のコーチの下でMVPに輝いた。

昨季は他のコーチの下でオールNBAに選出された。

これはビジネスであり、我々の頭を悩ませるものだ。

だが、このビジネスに参入した時に分かっていることであり、唯一変わらないことは「変わっていく」ということなんだ。

ウィザーズがNBAプレイオフ・ファーストラウンドで敗退した後、ブルックスの続行を求めるウェストブルックはフロントオフィスにブルックスの功績と貢献を力説したという。

ブルックスの退団はウェストブルックにとって辛いことだっただろうが、それを受け入れ、新たなヘッドコーチの下で全力を尽くすだろう。

なお、シェパードGMは新ヘッドコーチ探しにあたり、「ひとりのコーチが全責任を負う時代は終わった」とし、コーチとは別に戦略スタッフを登用する計画を明かした。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA