【スポンサーリンク】

好調のポール・ジョージ「昨季のことはバブルに置いてきた」

好調のポール・ジョージ「昨季のことはバブルに置いてきた」

今季こそフランチャイズ初となるNBAタイトル獲得の期待がかかっているロサンゼルス・クリッパーズは、ポール・ジョージの好調に支えられ開幕2連勝と好スタートを切った。

昨季のNBAプレイオフでは精彩を欠き、批判の的となったジョージ。

NBAプレイオフでレギュラーシーズン以上のパフォーマンスを見せることから、自身を「プレイオフP」と呼んでいるジョージだが、昨季のNBAプレイオフでは「パンデミックP」などと野次られ、厳しい時間を過ごした。

だが、NBA2020-21シーズンは素晴らしい活躍を見せ、クリッパーズを勝利に導いている。

ジョージによると、昨季のことはすべて忘れ、心機一転新シーズンに臨んでいるという。ジョージのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

昨季のこと葬り、バブルに置いてきた。

事実、これは新たなシーズンであり、新たなチームであり、新たな目標だ。

クリッパーズが次に戦うのは、今季MVP最有力候補のひとりであるルカ・ドンチッチ擁するダラス・マーベリックス。

クリッパーズは昨季のNBAプレイオフファーストラウンドでマブスと対戦し、勝利したものの、ジョージは十分なパフォーマンスを見せることができなかった。

ジョージは明日のマブス戦でクリッパーズを勝利に導く活躍を見せ、デンバー・ナゲッツとのクリスマスゲームに続き昨季の悪いイメージを払拭したいところだ。

なお、ジョージの今季2試合のスタッツは以下の通りとなっている。

LAL戦スタッツDEN戦スタッツ
出場時間35:4636:56
得点3323
リバウンド65
アシスト39
スティール11
ターンオーバー56
FG成功率72.2%
(13/18)
57.1%
(8/14)
3P成功率62.5%
(5/8)
55.6%
(5/9)
フリースロー成功率100%
(2/2)
100%
(2/2)
+/-+17+14

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA