【スポンサーリンク】

ポール・ジョージがジャズファンからの「プレイオフP」チャントについて「すべてがリスペクト」

ポール・ジョージがジャズファンからの「プレイオフP」チャントについて「すべてがリスペクト」

ロサンゼルス・クリッパーズのポール・ジョージはインディアナ・ペイサーズに所属した当時、NBAプレイオフでレベルアップしたプレイをすることから、自身を「プレイオフP」と称していた。

だが、ロサンゼルス・クリッパーズの一員となった昨季はNBAプレイオフで精彩を欠くと、「プレイオフP」という愛称を揶揄されるようになってしまった。

今季のNBAプレイオフでは全試合で20得点以上を記録し、クリッパーズを牽引しているものの、現地8日に行われたユタ・ジャズとのカンファレンスセミファイナル第1戦で、ジャズのファンはジョージに「プレイオフP」、「過大評価されている」などとチャント。

このようにジョージに対する嘲笑は今も続いているが、ジョージによると、相手チームからのブーイングやネガティブなチャントもゲームの一部だという。ジョージのコメントをESPNが伝えている。

僕はそれを気に入っているよ。

すべてがリスペクトだ。

僕はここで良いゲームをすることがあれば、悪いゲームをすることもあった。

それはこのゲームの一部さ。

観客も巻き込んでいくだろう。

それを求めている。

敵対する選手として、それ望んでいるんだ。

ジョージはジャズとのシリーズ第1戦で20得点、10リバウンドを記録したものの、FG成功率は23.5%(4/17)とリズムを掴むことができなかった。

この点については、以下のように語っている。

実際にうまくシュートを撃つことができなかった。

僕のアプローチが優柔不断だったと思う。

だが、シュートを撃つことについては良くなっていくだろう。

ジョージによると、シリーズ第1戦では強引にドライブを仕掛けたものの、NBA屈指のディフェンダーであるルディ・ゴベールがリング下で待ち受けていたため、スコアリングするのは簡単ではなかったという。

シリーズ第2戦に向けてすでに対策を考えているというが、「プレイオフP」を嘲笑の材料として使われないようにするためにも、第2戦ではクリッパーズをさらに牽引するパフォーマンスを期待したい。

なお、ジョージの今季レギュラーシーズンとNBAプレイオフのスタッツは以下の通りとなっている。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数548
平均出場時間33.740.3
平均得点23.323.1
平均リバウンド6.69.1
平均アシスト5.2
(キャリアハイ)
5.3
平均スティール1.10.8
平均ターンオーバー3.33.0
FG成功率46.7%
(キャリアハイ)
43.4%
3P成功率41.1%31.6%
フリースロー成功率86.8%89.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA