【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビードがMVPを逃したことについて「残念」

ジョエル・エンビードがMVPを逃したことについて「残念」

NBA2020-21シーズンのMVPには、デンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチが選出された。

今季のMVPレースはヨキッチとジョエル・エンビードの一騎打ちになると見られていたが、多くのNBAファンやアナリストはヨキッチがMVPに選出されると予想。

つまり、大方の予想通りの結果だったと言えるだろう。

そんな中、エンビードがMVPを逃したことに言及した模様。

エンビードによると、MVPに選出されるために努力を積み重ねてきたという。エンビードのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

残念だ。

なぜなら、選手としてこの瞬間のためにトレーニングを重ねてきたのだからね。

だが、僕に決められることではない。

僕にできることは何もない。

僕にできるのは毎年プレイし、自分の仕事の準備をすることだけだ。

エンビードはNBAプレイオフで素晴らしいパフォーマンスを見せている。

MVPは逃してしまったものの、シクサーズをNBAチャンピオンに導き、ファイナルMVPを勝ち取ってもらいたいところだ。

なお、エンビードのNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第1戦と第2戦のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦
出場時間38:0334:40
得点3940
リバウンド913
アシスト42
スティール12
ブロックショット31
ターンオーバー43
FG成功率57.1%
(12/21)
52.0%
(13/25)
3P成功率33.3%
(1/3)
40.0%
(2/5)
フリースロー成功率93.3%
(14/15)
75.0%
(12/16)
+/-+13+14

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA