【スポンサーリンク】

NBAがドレイモンド・グリーンに対するテクニカルファールを取り消し

NBAがドレイモンド・グリーンに対するテクニカルファールを取り消し

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、先日のニューヨーク・ニックス戦でテクニカルファウルを2度コールされ、退場を余儀なくされた。

2度目のテクニカルファウルはチームメイトのジェイムス・ワイズマンに対して叫んだにもかかわらず、コールされてしまったグリーン。

指揮官のスティーブ・カーHCはハーフタイム中に別のレフェリーと話をし、「あのテクニカルファウルはミスだった」と説明されたというが、レフェリーのミスだったことをNBAが正式に認めた模様。

ESPNによると、NBAはグリーンに対する2度目のテクニカルファウルはレフェリーの誤審であり、取り消すことを決定したという。

このテクニカルファウルについては、グリーン、ステフィン・カリー、ワイズマンがそれぞれコメントを出している。

ドレイモンド・グリーン

少し混乱した。

オフィシャルはゲーム中のあらゆるプレイについて話し合い、決定することができる。

だが、明らかに間違ったテクニカルファウルだったのに、覆すことはできなかったのか?

ルールを見直す時が来ているのかもしれない。

ルールを明確にしてもらいたい。

ステフィン・カリー

間違いであることは明らかだ。

彼はジェイムスに対して叫んでいた。

彼は試合序盤に1度目のテクニカルファウルをコールされていたし、そのことは意識していたはずさ。

彼はただチームメイトと話しただけだ。

あのレフェリーは混同してしまった。

誰に対して叫んでいたかは明らかであり、その時のルールについて僕は知らない。

取り消せるかどうかは知らないが、彼がチームメイトに対して叫んだのは明らかであり、レフェリーがそれを混同したのは残念だった。

前に進もう。

ジェイムス・ワイズマン

僕がポストアップしようとしていたら、彼(グリーン)が早いタイミングでボールを入れてしまった。

その後、彼は僕に「ボールをキャッチしろ!」とかそのようなことを叫んでいたと思う。

それがすべてさ。

なぜレフェリーがあんなことをしたのか、僕には理解できない。

だが、それがバスケットボールなんだろうね。

おかしな瞬間だったよ。

グリーンを失ったウォリアーズはニックスに敗れ、連勝は2でストップした。

「グリーンの退場がなければ」と思いたいところだが、ウォリアーズには次戦で奮起してもらいたい。

なお、カーHCはハーフタイム時にレフェリーと話し、「2度目のテクニカルファウルはミスだった」と説明されたものの、「取り消すことはない」と伝えられたことを明かした。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA