【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーンがトレード対象の選手に対するNBAチームの対処に苦言

ドレイモンド・グリーンがトレード対象の選手に対するNBAチームの対処に苦言

クリーブランド・キャバリアーズは来月の期限までにアンドレ・ドラモンドをトレードで放出する見込みだ。

そのため、健康な状態にもかかわらずドラモンドを試合に出場させていない。

現地15日のゴールデンステイト・ウォリアーズも出場機会を与えられず、私服のままコートサイドで観戦したドラモンド。

この状況を受け、ドラモンドドレイモンド・グリーンがトレードが対象となった選手に対するNBAチームの対処に苦言を呈した。ドラモンドグリーンのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

あれがこのリームリーグでの選手たちに対する対処だ。

試合前にコートサイドに座り、ロッカールームに戻り、私服で現れたアンドレ・ドラモンドを見た。

チームが彼をトレードで放出しようとしているからだ。

ひどいね。

こういった状況において、選手たちは尊重されなければならない。

(試合に出場させないのは)馬鹿げているし、うんざりするよ。

ドラモンドのようなケースは過去に何度もある。

代表的な例を挙げるなら、アンソニー・デイビスとハリソン・バーンズだろう。

NBAは常に「選手ファースト」であることを強調している一方で、こういったケースに対しては何ら処分を科すこともなく、ただ傍観している。

それぞれのチームの事情もあるだろうが、グリーンによると、こういった個人的なトラブルにNBAが対処しないのはダブルスタンダードだという。

ドラモンドグリーンの指摘を受け、NBAがどう反応するのか注目が集まるところだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    あれがこのリームでの選手たちに対する対処だ。

    リームって何

  2. By 匿名

    ドラモンドとドレイモンドごちゃ混ぜになってますよ!

*

CAPTCHA