【スポンサーリンク】

ケビン・ラブが先日の問題行動について「あれはレフェリーのせい」

ケビン・ラブが先日の問題行動について「あれはレフェリーのせい」

クリーブランド・キャバリアーズの元NBAオールスターフォワード、ケビン・ラブは、先日のトロント・ラプターズ戦でオフィシャルのジャッジに不満を爆発させ、まるで試合を放棄するかのような行為に及んだ。

その後、キャブスを指揮するJB・ビッカースタッフHCはこの問題について、「彼(ラブ)に質問してくれ」、「彼はチームメイトたちに謝罪した」と明かした。

キャブスはラブの行為を重く受け止め、何らかの処分を下すことを検討しているというが、ラブがこの問題について口を開いた模様。ラブのコメントをcleveland.comが伝えている。

罰金を科されるかもしれないから、あまり多くは言えない。

だが、あれはオフィシャルのせいだった。

僕がボールを叩いた時、インバウンドではないと思っていた。

少し混乱していた。

ボールをつかみ、DG(ダリアス・ガーランド)にボールをパスしようと思っていたんだ。

何が起こったかは分かっている。

あれはものすごくひどいプレイだった。

僕はそれを認識しなければならない。

あのような自分ではいたくない。

僕は自分の性格を守るためだけにここにいたくない。

僕の行動はポジティブなことに起因する。

(チームメイトたちには)謝罪したよ。

人々がこの件をどう見ているのかは分かっている。

僕はこのチームのリーダーであり、この問題をしっかり受け止めなければならない。

ひとりの人間としてしっかり受け止めるよ。

NBAタイトル獲得の経験があるベテラン選手であり、若手有望株が多いキャブスにおいてメンターの役割も担っているラブ。

だが、今回の行為はチームメイトたちに悪影響を及ぼすものであり、キャブスはラブをトレードで放出することを検討し始めたと噂されている。

なお、今季のラブは怪我などの影響により、わずか18試合の出場にとどまっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA