【スポンサーリンク】

サンダーはポール・ジョージに移籍のオプションを与えていた?

オールスターフォワードのポール・ジョージは昨年夏、トレードでロサンゼルス・クリッパーズに移籍した。

その前年にオクラホマシティ・サンダーと4年1億3690万ドルという大型契約を結んでいただけに、ジョージのトレードには多くのファンが驚いたが、サンダーはジョージのトレードを想定していたのかもしれない。

RealGMによると、ジョージと再契約した時、サンダーはジョージが他チームへの移籍を希望する場合、可能な限り望みを叶えることを約束していたという。

それが事実なら、ジョージにとっては最高の契約だったと言えるかもしれない。

クリッパーズでのファーストシーズンは残念な結果に終わり、批判を浴びてしまっているものの、ホームであるロサンゼルスのチームに移籍できたのだ。

来季は昨季のリベンジを果たすべく、リーダーとしてクリッパーズを牽引するパフォーマンスを期待したい。

なお、ジョージの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数48652
平均出場時間29.633.5
平均得点21.520.0
平均リバウンド5.76.4
平均アシスト3.93.4
平均スティール1.41.7
平均ターンオーバー2.62.6
FG成功率43.9%43.3%
3P成功率41.2%
(キャリアハイ)
38.1%
フリースロー成功率87.6%84.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA