【スポンサーリンク】

アンドレ・ドラモンド「自分にプレッシャーをかけている」

アンドレ・ドラモンド「自分にプレッシャーをかけている」

シーズン途中にロサンゼルス・レイカーズに加わったアンドレ・ドラモンドは、まだ十分なパフォーマンスを見せることができずにいる。

ファウルトラブルに陥ってしまう試合も多く、持ち味を十分に発揮することができていないドラモンド。

だが、レイカーズにようやく馴染み、通常のメンタルは取り戻すことができた模様。

ドラモンドによると、レイカーズ移籍前のメンタルをようやく取り戻し、今はリズムを掴もうとしているところだという。ドラモンドのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

ようやくいつもの感覚になれたよ。

リズムを掴み、リバウンドを奪い、3Pシュートのためにボールをキックアウトし、ペイント内でボールを持った時はフィニッシュを狙う。

まだリズムを掴もうとしているところさ。

フラストレーションが溜まっているわけではない。

自分自身にプレッシャーをかけているんだ。

なぜなら、僕は僕に何ができるか分かっているし、皆もそれを分かっているからね。

僕はまだそれを見せることができていない。

プロセスは難しい。

そう話すドラモンドだが、もう時間はない。

ドラモンドには一刻も早くリズムを取り戻し、レイカーズのNBA連覇に貢献するパフォーマンスを見せてもらいたいところだ。

なお、ドラモンドのレイカーズ移籍後とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

レイカーズ移籍後NBAキャリア
出場試合数21645
平均出場時間24.830.7
平均得点11.914.5
平均リバウンド10.213.7
平均アシスト1.41.4
平均スティール1.11.4
平均ブロックショット1.01.5
平均ターンオーバー2.02.0
FG成功率53.1%53.8%
フリースロー成功率60.5%47.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA