【スポンサーリンク】

サンダーがデニス・シュルーダーをトレード?

オクラホマシティ・サンダーはこのオフシーズン中にベテランプレイヤーたちを放出し、若手主体のチームに生まれ変わる見込みだ。

ベテランのクリス・ポールとダニーロ・ガリナリにはすでにトレードの噂が出ているが、彼らに加え、ポールと共にオフェンスを牽引したポイントガードもトレード対象となるかもしれない。

clutchpoints.comによると、サンダーはバックアップポイントガードのデニス・シュルーダーをトレードで放出する可能性があるという。

昨季のシュルーダーはベンチ起用ながら平均18.9得点を記録。

だが、サンダーには若手ガードプレイヤーが多い。

また、シュルーダーは来季終了後にFAになるため、脂が乗っているうちにトレードで放出し、見返りを狙う可能性は十分ある。

シュルーダーはまだ27歳と若く、成長の伸びしろがあるだけに、多くのNBAチームが関心を持つことになるだろう。

なお、サンダーはシュルーダーのトレードでクリーブランド・キャバリアーズのラリー・ナンスJrを狙っているとも噂されている。

シュルーダーの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りだ。

2019-20NBAキャリア
出場試合数65496
平均出場時間30.825.5
平均得点18.914.1
平均リバウンド3.62.8
平均アシスト4.04.6
平均スティール0.70.8
平均ターンオーバー2.62.4
FG成功率46.9%
(キャリアハイ)
43.6%
3P成功率38.5%
(キャリアハイ)
33.7%
フリースロー成功率83.9%82.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA