【スポンサーリンク】

マジックとナゲッツ間でアーロン・アフラロを含むトレードが成立

マジックとナゲッツ間でアーロン・アフラロを含むトレードが成立

オーランド・マジックとデンバー・ナゲッツの間でトレードが成立したと報じられた。

マジックはアーロン・アフラロを放出する代わりに、エバン・フォーニエとNBAドラフト56位指名権を獲得する模様。

フォーニエはアフラロより7歳若く、優れたオフェンススキルを有しているが、これまで目立ったパフォーマンスを示せていない。

一方、NBAオールスタークラスのパフォーマンスを見せているアフラロは、ナゲッツでロールプレイヤーとして活躍できるだろう。

なお、クリーブランド・キャバリアーズは1位指名権でアフラロ、4位指名権、12位指名権を獲得すると噂されていたが、結局諦めたようだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA