【スポンサーリンク】

スタン・バン・ガンディHC「マーク・キューバンがプレイイントーナメントを批判するのはおかしい」

スタン・バン・ガンディHC「マーク・キューバンがプレイイントーナメントを批判するのはおかしい」

ダラス・マーベリックスのオーナーであるマーク・キューバンHCは先日、プレイイントーナメントに懐疑的な見方を示した。

マブスは現在ウェスタン・カンファレンス7位とプレイイントーナメント圏内であり、キューバンの批判はポジショントークとも見られている。

そんな中、ニューオーリンズ・ペリカンズを指揮するスタン・バン・ガンディHCがキューバンのプレイイントーナメント批判に反応した模様。

バン・ガンディHCによると、そもそもプレイイントーナメントを推し進めたのはキューバンだったという。バン・ガンディHCのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

マーク・キューバンがそう言ったのは、おかしいと思ったよ。

彼は(プレイイントーナメント)に賛成しただけでなく、推し進めていたからね。

彼らは今、プレイイントーナメント圏内にいる。

つまり、彼らはそれが気に入っていないのさ。

マブスがプレイイントーナメント圏内にいる一方で、ペリカンズはイースタン・カンファレンス11位と圏外にいる。

イースト10位のサンアントニオ・スパーズとは3.5ゲーム差であるため、ペリカンズがプレイイントーナメント圏内に浮上する可能性は十分なる。

つまり、ペリカンズにとってプレイイントーナメントはNBAプレイオフ進出の助け舟になる可能性があると言えるだろう。

もし両者の立場が逆だった時、それぞれがどう発言するのか聞いてみたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA