【スポンサーリンク】

ステフィン・カリーがマブス戦大敗を受け「叩きのめされた」

ステフィン・カリーがマブス戦大敗を受け「叩きのめされた」

MVP候補のステフィン・カリー率いるゴールデンステイト・ウォリアーズは、現地27日にルカ・ドンチッチ擁するダラス・マーベリックスに大敗した。

第1Qから第2Qにかけてマブスに連続28得点を許し、後半では一時43点もの大量リードを許してしまったウォリアーズ。

この日27得点を記録したカリーによると、マブスに猛攻を許した第1Qは生きた心地がしなかったという。

カリーはマブス戦を振り返り、次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

ただ叩きのめされた。

僕たちは今季の状況を分かっている。

僕たちはボールを落としてしまった。

良いプレイができなかった。

第1Qはまったく生きた心地がしなかった。

厳しいね。

ウォリアーズの連続28失点は、NBAで2009年以来のワースト記録だという。

マブスには敗れたものの、ウォリアーズはイースタンウェスタン・カンファレンス10位のポジションを維持。

同11位のニューオーリンズ・ペリカンズとは3.5ゲーム差あるため、ウォリアーズのプレイイントーナメント出場の可能性は高いだろう。

ウォリアーズの選手たちにはマブス戦のパフォーマンスを忘れ、NBAプレイオフ進出に向けて突き進んでもらいたい。

なお、指揮官のスティーブ・カーHCは以下のように語っている。

私はヘッドコーチ。

選手たちに準備させることができなかった。

今季最大のゲームだ。

彼ら(マブス)はまるでプレイオフゲームのように試合に入った。

我々はエキシビジョンゲームのようだった。

非常に落胆している。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ウエスタンね。

*

CAPTCHA