【スポンサーリンク】

後半に失速したザック・ラビーン「50得点はいけたかもしれない」

NBAキャリア7年目のザック・ラビーンは現地3日のダラス・マーベリックス戦で39得点、6リバウンド、5アシスト、3スティールを記録し、シカゴ・ブルズを勝利に導いた。

この日のラビーンは第1Qからフルスロットルでプレイし、前半だけで29得点を記録。

そのペースを維持できれば50得点も期待できたが、後半に入ると失速し、39得点で試合を終えた。

ラビーンはなぜ後半で10得点と失速してしまったのだろうか?

ラビーンによると、後半の失速はガス欠になったからではなく、ブルズの勝利のためだったという。ラビーンのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

僕の今季のモチベーションは勝利することだ。

やらなければならないことはなんでもやる。

リバウンド、ディフェンス、アシスト、スティール、スコアリング。

チームの勝利を助けるためなら何でもやるよ。

今夜のように毎回シュートを撃っていたら、たぶん50得点はいけただろうね。

だが、僕は試合に勝つことを狙ったんだ。

それが重要なことだ。

もし僕がやらなければならないなら、50得点をあげる時が来るだろう。

だが、僕は僕の得点だけを見ていなかった。

チームの得点を見ていたし、僕たちが勝つのを助けるように努力していたんだ。

ブルズは現地1日、ミルウォーキー・バックスに30点差の大敗を喫した。

悪いイメージを払拭するためにも、勝利への強い意欲を持ってマブス戦に臨んだことだろう。

なお、今季からブルズを指揮しているビリー・ドノバンHCによると、ラビーンには常にこう話しているという。

いつも彼には言っているが、シュートを撃つだけではダメ。

バスケットボールのプレイをしなければならない。

ディフェンスを読まなければならないんだ。

NBAプレイオフ復帰を目指すブルズとしてはこの勢いを持続させ、勝ち星を積み重ねたいところだろう。

それはラビーンの出来次第と言えそうだ。

なお、ラビーンの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数7360
平均出場時間32.630.8
平均得点24.617.8
平均リバウンド4.73.6
平均アシスト3.73.6
平均スティール1.71.0
平均ターンオーバー4.32.6
FG成功率46.1%44.7%
3P成功率30.2%37.3%
フリースロー成功率88.4%82.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA