【スポンサーリンク】

ポール・ピアース「ウォリアーズの鍵を握るのはケリー・ウーブレ」

ポール・ピアース「ウォリアーズの鍵を握るのはケリー・ウーブレ」

ゴールデンステイト・ウォリアーズは今季厳しいスタートを切ったものの、現在3連勝中と波に乗り始めている。

ドレイモンド・グリーン復帰後のウォリアーズはパッシングゲームを取り戻し、現地18日には昨季NBAチャンピオンのロサンゼルス・レイカーズに逆転勝利。

同20日はサンアントニオ・スパーズにも勝利し、さらなる躍進が期待されるウォリアーズ。

そんな中、元NBAプレイヤーのポール・ピアースがウォリアーズに言及した模様。

ピアースによると、ウォリアーズがさらに躍進するためにはケリー・ウーブレのパフォーマンスが鍵になるという。ピアースのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

このチームの鍵を握るのはウーブレだと思う。

ステフ(・カリー)がもたらすものは知っての通りだし、(アンドリュー・)ウィギンスも安定し始めている。

ウーブレなら1試合あたり15~18得点を安定して記録できるはずだ。

そうなればウォリアーズは危険なチームになるだろう。

知っての通り、彼はどんなことでもできる。

相手チームのベストプレイヤーをディフェンスすることができるし、スラッシャーでもある。

もし彼が3Pを安定して決めることができたら、ウォリアーズはさらに恐ろしいチームになるだろう。

彼ら(ウォリアーズ)は彼にこう伝えなければならない。

「ウーブレ、君が安定したプレイヤーになれば、我々はもっと勝つことができる」とね。

ウーブレはフェニックス・サンズの一員としてプレイした昨季、3P成功率35.2%を記録した。

だが、今季は14試合を終えた時点でNBAキャリアワーストの21.8%にとどまっている。

ディフェンスでは貢献しているものの、アウトサイドショットで貢献できるようになれば、カリーのプレイもより容易になるだろう。

ウーブレにはアウトサイドショットの自信を取り戻し、ウォリアーズをさらに引き上げる働きを期待したい。

なお、ウーブレの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数14362
平均出場時間28.124.2
平均得点12.310.9
平均リバウンド5.64.2
平均アシスト0.90.9
平均スティール1.30.9
平均ブロックショット1.00.5
平均ターンオーバー1.51.1
FG成功率36.6%42.8%
3P成功率21.8%32.2%
フリースロー成功率78.4%77.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA