【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビス「最もディフェンスするのが難しいのはケビン・デュラント」

アンソニー・デイビス「最もディフェンスするのが難しいのはケビン・デュラント」

昨季NBA王者ロサンゼルス・レイカーズのアンソニー・デイビスは、NBAトップレベルのディフェンスを誇っている。

今季は怪我で長期離脱を強いられたものの、もしシーズンを通して健康な状態でプレイできていれば、ディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤー最有力候補のひとりに挙がっていただろう。

そのデイビスから見て、ディフェンスするのが難しいNBA選手は誰なのだろうか?

あるNBAファンに「ADにとってガードするのが最も難しいのは誰?」と質問されたところ、デイビスは以下のように返答したという。fadeawayworld.netが伝えている。

KDだ。

彼は208cmある。

それにコートのどこでもプレイできるし、どんなことだってできる。

彼との対戦では何度か僕が勝ち、何度か彼が勝った。

だが、彼をガードしなければならないのはただタフだ。

デュラントはサイズだけでなくウィングスパンもあり、それに加えてNBAトップクラスのスキルとシュート力を持っている。

デイビスもサイズとウィングスパンがあるビッグマンだが、ドリブルにアシスト、シュートと何でもこなせるデュラントは悪夢のような存在だろう。

もし今季のNBAファイナルでレイカーズとネッツが対戦することになれば、デイビスとデュラントには激しいバトルを見せてもらいたいところだ。

なお、デイビスとデュラントの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

A・デイビスK・デュラント
出場試合数3231
平均出場時間31.633.5
平均得点21.328.2
平均リバウンド7.97.1
平均アシスト3.05.2
平均スティール1.20.8
平均ブロックショット1.81.3
平均ターンオーバー2.13.5
FG成功率49.9%54.1%
3P成功率27.6%46.9%
フリースロー成功率71.6%88.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA