【スポンサーリンク】

足の怪我が完治のジョン・ウォール「高校時代に戻った気分」

ワシントン・ウィザーズ一筋のNBAキャリアを送っていたジョン・ウォールは、先日のトレードでヒューストン・ロケッツに電撃移籍した。

ここ数年のウォールは怪我に苦しめられ、昨季はアキレス腱断裂の影響で全休。

長年にわたって苦しめられた左足かかとの骨棘を取り除く手術も受け、完全体を取り戻したウォールは、全力でプレイできることに喜びを感じているようだ。

NBAゲームから長く離れていることもあり、「ウォールは以前のウォールではない」などと懐疑的なファンも少なくない中、ウォールは自身の状態について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

僕は片足で平均20得点、9アシストだった。

両足使えるなら、どうなると思う?

人生を通し、あらゆる障害を乗り越えてきた。

神は最も強い人々に最もタフな試練を与える。

僕を疑い続けろ。

僕は健康だ。

戻ってきたんだ。

高校時代に戻ったような気分さ。

速いとは感じないが、より速くなったと感じているんだ。

ウォールがNBAゲームに出場したのは、2018年12月26日が最後。

ケンタッキー大学時代のチームメイトであり、ウォールと同じく長いリハビリから復帰するデマーカス・カズンズと共に、不屈の精神でロケッツを牽引してくれるだろう。

なお、ウォールの2018-19シーズンとNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2018-19NBAキャリア
出場試合数32573
平均出場時間34.535.9
平均得点20.719.0
平均リバウンド3.64.3
平均アシスト8.79.2
平均スティール1.51.7
平均ターンオーバー3.83.8
FG成功率44.4%43.3%
3P成功率30.2%32.4%
フリースロー成功率69.7%78.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA