【スポンサーリンク】

デリック・ローズ「悪口を言いたければ言えばいい」

デリック・ローズ「悪口を言いたければ言えばいい」

アトランタ・ホークスのトレイ・ヤングは、ニューヨーク・ニックスとのファーストラウンド第1戦終盤にニックスファンに対し、「彼らはトラッシュトークしかできないし、僕をガードすることはできない」と言い放った。

もちろんニックスのファンがそれを受け入れるはずもない。

ニューヨーク市長をはじめ、多くのニックスファンがヤングに嫌悪感を持ち、シリーズはますます荒れ模様となりつつある。

そんな中、ベテランガードのデリック・ローズがヤングの発言に反応した模様。

ローズによると、第2戦ではヤングにさらに激しいブーイングが浴びせられるという。ローズのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

ファンはそうするものだ。

彼(ヤング)の反応は当然のことであり、彼は興奮し、あのような雰囲気をもたらした。

僕はそういうことに慣れているよ。

リーグはソフトになった。

だが、あれがバスケットボールだ。

彼は素晴らしいゲームをしてみせた。

悪口を言いたければ言えばいい。

だが、次の試合はもっとタフな環境になるだろう。

素晴らしいバスケットボールのための素晴らしい雰囲気になるだろうね。

ヤングの発言がニックスとニックスファンに火を灯したのは間違いない。

冷静に語るローズも内心は穏やかではないだろう。

シリーズ第2戦はファンも巻き込んだ激戦となりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA