【スポンサーリンク】

スティーブ・カーHCがステフィン・カリーの負傷について「深刻ではないと思う」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが、現地6日に行われたロサンゼルス・クリッパーズ戦で左足首を負傷した。

カリーは試合終盤にパトリック・ビバリーの足を踏んでしまい負傷。

痛みで飛び跳ね、その後左足をかばいながら走っていたカリーは、今後数試合を欠場することになるかもしれない。

ウォリアーズを指揮するスティーブ・カーHCによると、現在は検査待ちであり、検査結果によっては数試合を欠場するという。

ただし、大きな怪我ではないと推測されているようだ。

カーHCはカリーについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

彼は足首をひねった。

だが、深刻な怪我ではないと思っている。

明日、さらなる情報を発表する予定だ。

カリーは過去にも左足首を怪我したことがあり、当時は長期離脱を余儀なくされた。

今回はそれほどひどい状態ではないようだが、カリー不在のウォリアーズは戦力が相当ダウンしてしまうため、悪い検査結果とならないことを祈りたいところだ。

なお、カリーはクリッパーズにタフなマッチアップを強いられ、13得点にとどまった。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA