【スポンサーリンク】

チャールズ・バークレーが考えるジェイムス・ハーデンのネッツへのトレードシナリオとは?

ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンは先日、チームにトレードを要求したと報じられた。

ハーデンはブルックリン・ネッツ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、マイアミ・ヒート、ミルウォーキー・バックスへのトレードを希望しているというが、現時点でトレードが実現する可能性は低い。

そんな中、NBAレジェンドのチャールズ・バークレーがハーデンのトレードについて自身の考えを明かした模様。

バークレーによると、ロケッツはブルックリン・ネッツにトレードをオファーし、ジャレット・アレン、スペンサー・ディンウィディ、カリス・レバートを要求すべきだという。バークレーのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

もし私がヒューストンにいるなら、私が気に入っているアフロヘアーの若者を要求する。

アレンだ。

そしてディンウィディとレバートだね。

このロケッツは相当良いチームになるだろう。

もし私はロケッツで働いているとしたら、明日にでもトレードを成立させたい。

アレン、ディンウィディ、レバートを獲得できるし、今はジョン・ウォールもいるんだよ?

このようなドラマはそうそうないし、かなりソリッドなチームになるだろうね。

一方、バークレーによると、ハーデンはロケッツのシステムで長くプレイしてきたため、他のNBAチームのシステムにフィットできない可能性があるという。

ロケッツとネッツはもう1つのNBAチームを交えてトレード交渉をスタートさせたというが、ハーデンがネッツに移籍した場合、カイリー・アービングとのボールシェアが問題になりそうだ。

なお、アービングは先日、ハーデンのトレード獲得は望んでいないと報じられた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA