【スポンサーリンク】

ペイサーズがゴードン・ヘイワードのトレード獲得を狙う?

ボストン・セルティックスのベテランフォワード、ゴードン・ヘイワードのNBA2020-21シーズンの契約はプレイヤーオプションとなっている。

現時点ではオプションを行使し、来年夏にFAになる見込みのヘイワード。

そのヘイワードにホームチームが興味を持っていると報じられた。

RealGMによると、インディアナ出身であるヘイワードのトレード獲得にインディアナ・ペイサーズが関心を示しているという。

ヘイワードは悲惨な怪我から復帰したNBA2018-19シーズンに本来のパフォーマンスを取り戻すことができず、難しい時間を過ごしていた。

だが、2019-20シーズンはスターティングラインアップに復帰し、キャリアベストに迫るパフォーマンスを見せた。

ペイサーズはビクター・オラディポ、ドマンタス・サボニス、マイルズ・ターナーのいずれかをトレード要員にすると見られるが、ヘイワードは間違いなくホームのファンから歓迎されるだろう。

果たしてこのトレードは実現するだろうか?

なお、ヘイワードのNBA2019-20シーズンとキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数52641
平均出場時間33.530.8
平均得点17.515.3
平均リバウンド6.74.4
平均アシスト4.13.5
平均スティール0.71.0
平均ターンオーバー1.82.0
FG成功率50.0%45.1%
3P成功率38.3%36.6%
フリースロー成功率85.5%82.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA