【スポンサーリンク】

ニコラ・ヨキッチ「レイカーズのことは気にしていない」

ニコラ・ヨキッチ「レイカーズのことは気にしていない」

昨季NBAプレイオフ・カンファレンスファイナルでロサンゼルス・レイカーズに完敗したデンバー・ナゲッツは、このオフにロスターをほとんど動かさなかった。

ジェラミ・グラントを失った一方で、ファクンド・カンパッツォとジャマイカル・グリーンを獲得したが、その他の主力はそのままにNBA2020-21シーズンを迎えることになるだろう。

一方、昨季NBA王者のロサンゼルス・レイカーズはロスターを大きく変更。

来季もNBAタイトル獲得が期待できるロスターに仕上がっているが、オールスタービッグマンのニコラ・ヨキッチはレイカーズをはじめとした他のNBAチームの状況には気を止めず、ナゲッツに集中しているようだ。

ヨキッチはロスターを動かしたレイカーズとロサンゼルス・クリッパーズについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

正直言うと、レイカーズのことは気にしていない。

彼らは良いチームになるだろうね。

人々は今でもクリッパーズがなぜ(ナゲッツに)敗れたかを話している。

僕たちが勝ったことについては話していない。

ただ、僕たちをリスペクトしない人間がいるからといって、僕たちは彼らの意見を聞かないというわけではない。

僕たちは僕たちの良さを分かっているんだ。

ヨキッチとジャマール・マリー擁するデンバー・ナゲッツは、昨季のプレイオフで驚異的な戦いを見せた。

NBAプレイオフ・ファーストラウンドでユタ・ジャズに1勝3敗から逆転、続くカンファレンスセミファイナルではロサンゼルス・クリッパーズに1勝3敗から逆転するなど、粘り強さを見せたナゲッツ。

主力のほとんどが残っているという点は、ナゲッツにとって大きなアドバンテージとなるだろう。

昨季の躍進がまぐれだったと言わせないためにも、ナゲッツは昨季以上の結果を残したいところだ。

なお、ヨキッチの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数73381
平均出場時間32.029.0
平均得点19.917.0
平均リバウンド9.79.6
平均アシスト7.05.5
平均スティール1.21.1
平均ブロックショット0.60.7
平均ターンオーバー3.12.5
FG成功率52.8%52.4%
3P成功率31.4%33.8%
フリースロー成功率81.7%82.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA