【スポンサーリンク】

NBAチームがハーデンの行動確認のために調査員を雇う?

NBAは先日、ジェイムス・ハーデンがパーティーに参加したとし、彼に対して5万ドルの罰金処分を科した。

選手や関係者たちの安全を守るため、NBAは15人以上の集まりに参加することを禁じている。

ハーデンはマスクを着けずにパーティーに参加したというが、こういった行動もハーデンのトレードを難しくしている要因のひとつなのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、あるNBAチームはハーデンの行動を調査するため、独自に調査員を雇ったという。

ハーデンは先日、ロケッツにトレードを要求したと報じられた。

だが、ハーデンの常日頃の行動に問題がある場合、トレードで獲得したとしてもチームに悪影響が及んでしまう恐れがある。

調査員を雇ったのはそれを未然に防ぐための策だろう。

一方で、ハーデンのトレード獲得に興味を持っているNBAチームがあるという証明とも言えそうだ。

なお、ハーデンはブルックリン・ネッツ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、マイアミ・ヒート、ミルウォーキー・バックス、ボストン・セルティックス、ポートランド・トレイルブレイザーズへのトレードを希望しているというが、ロケッツはその他のNBAチームとのトレードにも応じると報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA