【スポンサーリンク】

フランク・ボーゲルHC「デニス・シュルーダーは敵にすると厄介」

昨季NBA王者のロサンゼルス・レイカーズは先日、オクラホマシティ・サンダーとのトレードでポイントガードのデニス・シュルーダーを獲得した。

シュルーダーは先日、スターターとしてプレイすることを望んでいるとしたが、指揮官のフランク・ボーゲルHCもシュルーダーとレブロン・ジェイムスはうまくフィットできると感じているようだ。

ボーゲルHCによると、シュルーダーはオフ・ザ・ボールでもプレイでき、レブロン・ジェイムスにもフィットすると確信しているという。

ボーゲルHCはシュルーダーについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

彼は我々にとって最も重要なプレイヤーのひとりになるだろうし、十分な出場時間を得るだろうね。

彼とプレイする優位性を私はすごく気に入っている。

敵にすると厄介だし、相手は彼にマッチアップするのを嫌がるだろう。

だが、彼がチームにいると、皆に愛されるんだ。

ボーゲルHCは実戦でシュルーダーとのケミストリーを確認し、先発起用かベンチ起用か調整することになるだろう。

いずれにせよ、ラジョン・ロンドを失ったレイカーズはシュルーダーに十分な出場時間を与えることになりそうだ。

なお、シュルーダーの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数65496
平均出場時間30.825.5
平均得点18.914.1
平均リバウンド3.62.8
平均アシスト4.04.6
平均スティール0.70.8
平均ターンオーバー2.62.4
FG成功率46.9%
(キャリアハイ)
43.6%
3P成功率38.5%
(キャリアハイ)
33.7%
フリースロー成功率87.9%
(キャリアハイ)
82.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA