【スポンサーリンク】

メッタ・ワールドピース「レブロン・ジェイムスはNBA史上ナンバーワンスコアラーになるだろう」

メッタ・ワールドピース「レブロン・ジェイムスはNBA史上ナンバーワンスコアラーになるだろう」

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは先日のブルックリン・ネッツ戦でNBAキャリア通算3万5000得点を突破し、NBA史上単独3位に浮上した。

ジェイムスは36歳の今もNBAトップレベルのパフォーマンスを維持しており、相棒アンソニー・デイビス不在の間はさらにスコアリングを重ねていくだろう。

そんな中、元NBA選手のメッタ・ワールドピースがジェイムスのNBAキャリア通算得点に言及した模様。

ワールドピースによると、ジェイムスはNBAレジェンドのカリーム・アブドゥル・ジャバーを抜いてNBA史上最多得点記録を更新するだけでなく、前人未到の通算4万得点に到達する可能性があるという。

非現実的だ。

彼はNBA史上ナンバーワンスコアラーになるだろう。

カリームに追いつく選手が現れるとは考えたこともなかった。

キングジェイムスは4万得点に到達するかもしれないね。

ジェイムスとジャバーの差は3370得点。

ジェイムスの今季平均25.9得点で計算すると、あと131試合でジャバーの偉大な記録に到達することになる。

ジェイムスがパフォーマンスを著しく落とすことなく、かつ大きな怪我がなければ、現行の契約中にNBA史上ナンバーワンスコアラーの座を手にするだろう。

もしジェイムスがその偉大な記録を達成することができれば、多くのNBAファンがジェイムスをGOATに挙げるに違いない。

なお、NBA史上最多得点トップ30選手は以下の通りとなっている。

順位選手名試合数通算得点
1カリーム・アブドゥル・ジャバー156038,387
2カール・マローン147636,928
3レブロン・ジェイムス129535,017
4コービー・ブライアント134633,643
5マイケル・ジョーダン107232,292
6ダーク・ノビツキー152231,560
7ウィルト・チェンバレン104531,419
8シャキール・オニール120728,596
9モーゼス・マローン132927,409
10エルビン・ヘイズ130327,313
11アキーム・オラジュワン123826,946
12カーメロ・アンソニー114926,806
13オスカー・ロバートソン104026,710
14ドミニク・ウィルキンス107426,668
15ティム・ダンカン139226,496
16ポール・ピアース134326,397
17ジョン・ハブリチェック127026,395
18ケビン・ガーネット146226,071
19ビンス・カーター154125,728
20アレックス・イングリッシュ119325,613
21レジー・ミラー138925,279
22ジェリー・ウェスト93225,192
23パトリック・ユーイング118324,815
24レイ・アレン130024,505
25アレン・アイバーソン91424,368
26チャールズ・バークレー107323,757
27ケビン・デュラント86823,491
28ロバート・パリッシュ161123,334
29エイドリアン・ダントリー95523,177
30ドウェイン・ウェイド105423,165

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA