【スポンサーリンク】

NBAがバディ・ヒールドにフロッピングを警告

NBAがバディ・ヒールドにフロッピングを警告

サクラメント・キングスは現地4日にポートランド・トレイルブレイザーズと対戦し、4点差で敗れた。

試合終盤にディアーロン・フォックスの連続得点で追い上げ、逆転のチャンスをわずかながら手にしたものの、シーズン前半戦最後の試合を白星で飾れなかったキングス。

NBAキャリア5年目のバディ・ヒールドは、どんな手を使ってでも勝ちたかったのかもしれない。

残り2.7秒にデイミアン・リラードがフリースローを放つ前、ヒールドはまるでカーメロ・アンソニーに強く押されたかのようにコートに倒れたのだ。

この行為を受け、ヒールドがNBAから警告を受けた模様。

NBAによると、ヒールドの行為はフロッピングであり、アンチフロッピングルールに基づきヒールドに警告を出したという。

映像を見る限り、ヒールドはコートに体を打ちつけるのを嫌ったのか、ゆっくり優しく倒れたように思える。

レフェリーの目が届かないところで倒れ、かつブレイザーズの選手たちにじっと見つめられている様子は、まるでコメディーのようだ。

なお、NBAはアンチフロッピングルールについて、「レフェリーを欺いて不当なファウルをコールさせようとする、もしくは相手選手との接触に過剰に反応することによってレフェリーが見逃したとファンに思い込ませる行為」と定めている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA