【スポンサーリンク】

レイカーズが再びカイル・ラウリー獲得を狙う?

レイカーズが再びカイル・ラウリー獲得を狙う?

トロント・ラプターズのカイル・ラウリーは、この夏に完全FAになる。

ラウリーにはシーズン中にトレードの噂が浮上し、親友ジミー・バトラー擁するマイアミ・ヒート、ラウリーのホームチームであるフィラデルフィア・セブンティシクサーズ、昨季NBA王者ロサンゼルス・レイカーズなど複数のNBAチームがラウリー獲得を狙っていた。

レイカーズはラプターズに対してデニス・シュルーダーとのトレードをオファーしたというが、ラプターズが若手主力とのトレードを要求したため、トレード交渉は破断。

だが、レイカーズはラウリー獲得をまだ諦めていないのかもしれない。

talkbasket.netによると、レイカーズは今もラウリーに関心を寄せており、このオフシーズン中に再びラウリー獲得に動くと予想されているという。

レイカーズはレギュラーシーズン中にデニス・シュルーダーに対して延長契約をオファーした。

だが、シュルーダーはFA市場で自身の価値を確認するため、延長契約オファーを拒否。

しかし、シュルーダーはNBAプレイオフで精彩を欠き、また大型契約を求めていることから、レイカーズはシュルーダー残留を諦める可能性があると報じられている。

つまり、新たなポイントガードを探すことになるわけだが、経験と実績あるラウリーを獲得できればレブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビスの負担は軽くなるだろう。

加齢による衰えが懸念されるものの、少なくともシュルーダー以上のパフォーマンスを見せてくれるに違いない。

なお、ラウリーにはレイカーズの他、ラプターズ、ヒート、シクサーズ、ニューヨーク・ニックス、ダラス・マーベリックスも関心を持っていると噂されている。

ラウリーの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りだ。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数46960
平均出場時間34.831.8
平均得点17.214.9
平均リバウンド5.44.4
平均アシスト7.36.2
平均スティール1.01.3
平均ターンオーバー2.72.3
FG成功率43.6%42.4%
3P成功率39.6%36.8%
フリースロー成功率87.5%
(キャリアハイ)
81.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA