【スポンサーリンク】

デリック・ローズが精彩を欠いたキリアン・ヘイズに「気にするな」

デトロイト・ピストンズを指揮するドウェイン・ケーシーHCは先日、ベテランのデリック・ローズではなく、ルーキーのキリアン・ヘイズを先発ポイントガードのポジションで起用する方針を明らかにした。

宣言通り、ケーシーHCはニューヨーク・ニックスとのプレシーズンゲームでヘイズを先発起用。

だが、ヘイズはFG7本中2本、3P3本すべてミス、さらに7ターンオーバーと期待に応えることができなかった。

この結果を受け、ローズは批判を浴びるヘイズにアドバイスを送ったという。

ローズはヘイズについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

若者を火の中に放り込むようなものだ。

僕には分かるよ。

彼にこう伝えたんだ。

「このゲームと君のプレイについては気にするな」とね。

ただ、彼は完璧主義者だから考えてしまうだろうね。

ヘイズはフランスとドイツでプロとして経験を積んだ後、今年のNBAドラフト7位でピストンズに入団。

ピストンズを牽引するポイントガードへの成長が期待されているが、それゆえにプレッシャーも大きい。

数々の困難を克服してきたローズはヘイズを支え続け、ヘイズはいずれ期待に応えるパフォーマンスを見せてくれるだろう。

なお、ピストンズは現地13日にニックスと再戦する予定だ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA