【スポンサーリンク】

エリック・ゴードンが自身の役割に不満?

ヒューストン・ロケッツのエリック・ゴードンは、NBA屈指のダイナミックなプレイヤーだ。

2016-17シーズンにはシックスマン・オブ・ザ・イヤーを受賞し、ロケッツに欠かせない一員として活躍しているゴードン。

だが、ここ数年は不満を感じながらプレイしていたのかもしれない。

clutchpoints.comによると、ゴードンはシックスマン・オブ・ザ・イヤーを受賞して以降、自身の役割が減少していることに不満を感じているという。

出場時間はほとんど変わっていないものの、シックスマン・オブ・ザ・イヤーを受賞した翌シーズンからクリス・ポールが加わったことにより、ゴードンがボールを持つケースは減少した。

それに不満を感じていたと予想されるが、ロケッツは新ヘッドコーチにスティーブン・サイラスを招聘。

来季は新たなシステムで戦うと見られるため、ゴードンがボールを持つケースは増加するかもしれない。

ただし、ロケッツはこのオフシーズン中にロスターを再編する見込みであり、ゴードンをロスターに残すか否かは未定だ。

なお、昨年夏のトレードでオクラホマシティ・サンダーに移籍したクリス・ポールは、ロケッツのシステムについて「もっとボールを回すべき」と指摘し、ハーデンと対立したと噂されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA