【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビス「言い訳している場合ではない」

アンソニー・デイビス「言い訳している場合ではない」

NBA連覇を目指すロサンゼルス・レイカーズは、ここ7試合で6敗を喫している。

現地2日にはイースタン・カンファレンス11位のトロント・ラプターズに敗れ、連敗を3に広げてしまったレイカーズ。

今季のレイカーズは短いオフシーズンや主力選手たちの負傷離脱などの問題にさらされ、厳しい戦いを強いられているが、アンソニー・デイビスによると、そういったことを言い訳にできる状況ではないという。

デイビスはラプターズ戦終了後に次のようにコメント。talkbasket.netが伝えている。

全員が健康な状態になれないのは、フラストレーションが溜まる。

それが最もフラストレーションが溜まることだ。

だが、正直に言うと、もうそれは言い訳にならない。

誰もがコビットの問題を経験しているからね。

どのチームにも偽陽性や陽性反応が出て離脱した選手がいる。

どのチームにもだ。

言い訳している場合ではない。

オフシーズンは短かったが、僕たちには問題を解決するだけの十分な時間があったんだ。

前にも言ったように、プレイオフに向けてリズムを取り戻すにあたり、全員が健康な状態で練習する時間が十分にない。

試合数もない。

僕たちにとって最も重要なのは全員が健康を取り戻すことであり、そこからやっていくしかないんだ。

復帰2戦目となったレブロン・ジェイムスは、足首の痛みによりラプターズ戦終盤はコートに立たなかった。

また、先発ポイントガードのデニス・シュルーダーとバックアップガードのウェスリー・マシューズも離脱中と、なかなか主力全員が揃わないレイカーズ。

レギュラーシーズン残り8試合という短い期間でリズムと健康を取り戻し、負の連鎖を断ち切ることはできるのだろうか?

なお、デイビスの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数29557
平均出場時間32.134.4
平均得点21.323.9
平均リバウンド8.0
(キャリアワースト)
10.3
平均アシスト3.12.3
平均スティール1.31.4
平均ブロックショット1.8
(キャリアワーストタイ)
2.4
平均ターンオーバー2.01.9
FG成功率50.4%51.5%
3P成功率25.9%31.3%
フリースロー成功率71.4%
(キャリアワースト)
79.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA