【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーン「僕のディフェンスは相手のマインドに影響をもたらす」

ドレイモンド・グリーン「僕のディフェンスは相手のマインドに影響をもたらす」

NBAレジェンドのチャールズ・バークレーは以前、ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンのスタッツを見て、「トリプルシングルス」と揶揄された。

だが、グリーンはウォリアーズのオフェンスの潤滑油であり、ディフェンスの要として実績を残している。

特にディフェンスでの貢献は大きく、スタッツには表れていないものの、ウォリアーズのディフェンスにおいてグリーンは心臓とも言える存在だろう。

そんな中、グリーンが自身のディフェンスに言及した模様。

グリーンによると、彼のディフェンスは相手を混乱させるほどの破壊力があるという。グリーンのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

僕が確信していることのひとつは、僕は相手チームのオフェンスをめちゃくちゃにできるということだ。

僕のディフェンスの影響は、必ずしもブロックショットに表れるわけではない。

必ずしもスティールに表れるわけではない。

だが、君たちのお気に入りの選手に僕がマッチアップする時、僕は相手のマインドに影響をもたらす。

それは約束するよ。

現在31歳のグリーンには、年齢による衰えを指摘する声もあった。

だが、年齢と経験を重ねるにつれ、よりゲームを読めるようになったのは間違いないだろう。

グリーンのゲームメイクとディフェンスはこれからも進化し続けるに違いない。

なお、グリーンの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数62638
平均出場時間31.428.4
平均得点6.98.8
平均リバウンド7.16.9
平均アシスト8.9
(キャリアハイ)
5.3
平均スティール1.71.4
平均ブロックショット0.81.0
平均ターンオーバー3.02.2
FG成功率44.5%43.6%
3P成功率27.4%31.6%
フリースロー成功率78.0%71.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA