【スポンサーリンク】

ステフィン・カリー「シクサーズが首位とは知らなかった」

ステフィン・カリー「シクサーズが首位とは知らなかった」

NBA屈指のシューターであるセス・カリーは、オフシーズン中に義理の父ドック・リバースがヘッドコーチに就任したフィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍した。

指揮系統とロスターを再編したシクサーズは、現時点でイースタン・カンファレンス首位の14勝6敗。

先日は昨季NBAチャンピオンのロサンゼルス・レイカーズを下すなど、素晴らしい戦いを見せている。

だが、実弟のセス・カリーがいるとはいえ、兄ステフィン・カリーはイーストの状況をチェックしているわけではないようだ。

セス・カリー擁するシクサーズがイースト首位の成績を記録していることについて、ステフィン・カリーは次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

僕はイーストをチェックしていない。

だから、(シクサーズがイースト首位を走っていることを)知らなかった。

彼らが良いプレイをしていたことは知っていた。

彼(セス・カリー)がプロトコルから復帰したことを彼らが喜んでいることは知っていた。

ただ、それ(イースト首位)については知らなかったよ。

セス・カリーはNBAの健康と安全プロトコルにより、7試合を欠場した。

復帰後はショットのリズムを掴みきれていないものの、それでも今季は3P成功率51.7%と素晴らしい数字を記録している。

だが、兄ステフィン・カリーが気にしているのは今いるゴールデンステイト・ウォリアーズのことであり、弟がいるとはいえ、カンファレンスが異なるチームに注意を向ける暇はないのだろう。

とはいえ、シクサーズはさらにギアを上げ、2度のMVPを誇るステフィン・カリーが注目せざるを得ない戦いを見せてもらいたいところだ。

なお、今季のセス・カリーとステフィン・カリーのスタッツは以下の通りとなっている。

セス・カリーステフィン・カリー
出場試合数1319
平均出場時間28.733.7
平均得点14.327.7
平均リバウンド2.05.4
平均アシスト2.86.0
平均スティール0.91.2
平均ターンオーバー1.33.3
FG成功率54.1%45.5%
3P成功率51.7%39.5%
フリースロー成功率100%92.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA