【スポンサーリンク】

スティーブ・カーHC「ケビン・デュラントはウォリアーズに完璧にフィットした」

2016年夏にスーパースターのケビン・デュラント獲得に成功したゴールデンステイト・ウォリアーズは、それから3年連続でNBAファイナルに進出し、うち2度NBAタイトルを獲得した。

デュラントはウォリアーズのシステムにすぐにフィットし、オフェンスはもちろんディフェンスでも貢献。

ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンと共にウォリアーズを最強のNBAチームへと引き上げたが、なぜ移籍後1年目からチームのシステムに違和感なくフィットできたのだろうか?

指揮官のスティーブ・カーHCによると、デュラントは決してボールを欲しがるセルフィッシュな選手ではなく、チームメイトたちにもボールを供給したのが成功の大きな要因だったという。

カーHCはデュラントについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

ただ素晴らしいプレイヤーというだけではない。

我々のプレイに完璧にフィットしようとしていた選手だった。

オクラホマシティで何年もケビンを見てきた。

シューティング、パッシング、多様性、ショットブロッキングにおいて、彼はリーグで最もスキルがある男だ。

スムーズにフィットするだろうと思っていたよ。

彼はボールを支配しなかった。

常にボールを持つ必要がなかったし、それについてはステフも同じだ。

彼らはオフ・ザ・ボールのプレイを喜んで引き受けていたんだ。

だが、デュラントのウォリアーズの時間は3シーズンで終わった。

来季からスーパースターのカイリー・アービングと共にプレイし、自身3度目となるNBAタイトル獲得を目指すデュラント。

オクラホマシティ・サンダー離脱後は炎上しやすい選手となってしまったが、ブルックリン・ネッツでもアンセルフィッシュなプレイを続け、批判を称賛へと変えたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA