【スポンサーリンク】

ノーマン・パウエルがトレードについて「不意を突かれた」

ノーマン・パウエルがトレードについて「不意を突かれた」

NBAキャリアベストのシーズンを送っているノーマン・パウエルは、先日のトレードでトロント・ラプターズからポートランド・トレイルブレイザーズに移籍した。

今季終了後にFAになるパウエルのサラリーは高騰すると予想されているため、トレードの噂は以前から出ていた。

だが、パウエルは噂は噂であり、これからもラプターズのユニフォームを着てプレイするものと思っていたという。

パウエルはトレードについて次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

僕は自分の状況とチームの状況を分かっていた。

僕はフリーエージェントになる。

僕たちはイースト11位だった。

僕はコンテンダーを助けることができるポジションにいる。

彼ら(ラプターズ)はもっと若返りたかったのかもしれないね。

そして、そうしたんだ。

だが、そうは言っても驚いた。

今季の自分のプレイだけでなく、もっと大きな絵を描いた時、僕は常にあのチームのコアのひとりだと思っていたんだ。

僕、フレディ(・バンブリート)、パスカル(・シアカム)は、一緒に成長した。

僕たち全員同じ歳だし、すごく親しい。

僕たちに加え、OG(・アヌノビー)は、次の偉大なラプターズになる運命にあると本当に思っていたんだ。

パウエルは新しい環境にまだ慣れておらず、苦労しているという。

だが、徐々に慣れ、ブレイザーズの中心選手のひとりとして活躍するだろう。

NBAキャリアを通して初めてのトレードは、パウエルにとって貴重な経験になるに違いない。

なお、パウエルの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数45352
平均出場時間30.520.3
平均得点19.4
(キャリアハイ)
10.0
平均リバウンド3.02.4
平均アシスト1.8
(キャリアハイタイ)
1.4
平均スティール1.2
(キャリアハイタイ)
0.8
平均ターンオーバー1.81.1
FG成功率49.9%
(キャリアハイ)
46.6%
3P成功率44.5%
(キャリアハイ)
38.1%
フリースロー成功率85.0%
(キャリアハイ)
82.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA