【スポンサーリンク】

エリック・ゴードンが去就について「ロケッツがどう進んでいくのかを見ないと」

エリック・ゴードンが去就について「ロケッツがどう進んでいくのかを見ないと」

昨季まで8年連続でNBAプレイオフに進出したヒューストン・ロケッツにとって、今季は壊滅的なシーズンとなってしまった。

ロケッツはオフシーズン中のトレードでラッセル・ウェストブルックを放出すると、シーズン中のトレードでジェイムス・ハーデンを放出。

ジョン・ウォールとクリスチャン・ウッドを獲得したとはいえ、NBAで十分な経験がない選手が集まったことにより、NBAワーストの成績でシーズンを終えることになってしまったのだ。

そんな中、怪我により3月中旬以降の試合を全休したベテランガード、エリック・ゴードンの去就に注目が集まっている。

契約をあと2年残しているゴードンによると、彼にもどうなるか分からないという。ゴードンのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

負けているチームには以前もいたことがある。

だが、20連敗するようなシーズンは一度もなかった。

ラファエル・ストーンGMとスティーブン・サイラスHCとの関係は良好だよ。

だが、このオフシーズンに彼らがどの方向に進みたいのか見てみなければならない。

若手でもベテランでも、新しい選手が入ってくる可能性がある。

だが、どうなるかまったく分からないんだ。

ロケッツは若手中心に再建を目指すと見られているが、若手たちの成長を促進させるためにも経験あるベテランをロスターに置いておくだろう。

とはいえ、若手たちにより長くプレイさせるため、ベテラン選手の出場時間は制限される可能性がある。

元NBAオールスターポイントガードのジョン・ウォールにトレード要求の噂が浮上した中、果たしてゴードンはどのような決断を下すのだろうか?

なお、ゴードンの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
所属チームヒューストン・ロケッツロサンゼルス・クリッパーズ
ニューオーリンズ・ホーネッツ
ニューオーリンズ・ペリカンズ
ヒューストン・ロケッツ
出場試合数27692
平均出場時間29.232.6
平均得点17.816.6
平均リバウンド2.12.5
平均アシスト2.62.8
平均スティール0.5
(キャリアワースト)
0.9
平均ターンオーバー1.92.0
FG成功率43.3%42.5%
3P成功率32.9%36.8%
フリースロー成功率82.5%81.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA