【スポンサーリンク】

カイリー・アービングがホークス戦のジェイムス・ハーデンについて「あれこそが彼」

カイリー・アービングがホークス戦のジェイムス・ハーデンについて「あれこそが彼」

先日のトレードでブルックリン・ネッツに加わったジェイムス・ハーデンは、NBAオールスターのカイリー・アービング復帰以降はゲームメイクに徹していた。

アービング復帰後のハーデンのFGアテンプト数は、現地20日と同22日のクリーブランドキャバリアーズ戦で各14本、同23日のマイアミ・ヒート戦で9本、同25日のヒート戦で10本と、明らかに減少。

だが、現地27日のアトランタ・ホークス戦ではFGアテンプト数20本と、アービング合流後最多本数を記録した。

積極的にショットを狙ったハーデンを見て、アービングも喜んだようだ。

アービングはホークス戦後、ハーデンについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

あれこそが彼だ。

彼にはフィットすることについてあまり考えすぎず、ただ彼でいてもらいたい。

彼にはそう思ってこのグループに入ってきてもらいたい。

僕たちはそう思っているんだ。

ここ数試合のハーデンは積極的にシュートを狙わなかったため、一部では批判の声もあがっているという。

シュートとパスのバランスを確立するまでまだ時間がかかるだろうが、ハーデンがそれを見つけ出した時、ネッツはますますNBAチャンピオンに近づくことになるだろう。

なお、ホークス戦でのハーデン、アービング、デュラントのスタッツは以下の通りとなっている。

J・ハーデンK・アービングK・デュラント
出場時間(分)454142
得点312632
リバウンド845
アシスト1572
スティール200
ブロックショット122
ターンオーバー321
FG成功率45.0%
(9/20)
64.7%
(11/17)
50.0%
(13/26)
3P成功率55.6%
(5/9)
33.3%
(1/3)
42.9%
(3/7)
フリースロー成功率100%
(8/8)
75.0%
(3/4)
75.0%
(3/4)
+/-+2-7-2

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA