【スポンサーリンク】

デニス・シュルーダー「僕にとってワクチン接種は難しい」

デニス・シュルーダー「僕にとってワクチン接種は難しい」

ロサンゼルス・レイカーズの先発ポイントガードを務めるデニス・シュルーダーは、NBAの健康と安全プロトコルにより10~14日間の離脱を余儀なくされた。

レイカーズのレギュラーシーズンは現地16日に終了するため、シュルーダーの復帰はNBAプレイオフ、もしくはプレイイントーナメントになる可能性が高い。

そんな中、シュルーダーの先月末にインタビューが話題になっている。

今季序盤にもNBAの健康と安全プロトコルによる離脱を強いられたシュルーダーは先月末、以下のように語っていたという。clutchpoints.comが伝えている。

僕にとってワクチン接種は難しいことなんだ。

レブロン・ジェイムスも接種していないんじゃないかな。

僕は鎮痛剤を服用するのも好きではない。

そういったことはせずにいつもやってきた。

隔離?

もう二度とやってはダメだ。

もし今そうなったら、僕はシリーズを完全にスキップしてしまうだろう。

ただ、僕には対処できないことだ。

僕は正当な報酬を得たい。

だが、NBAで8年間を過ごした後、どこに行くかを自分で決められるのがポイントだ。

ここ(レイカーズ)ではすべてをもらっている。

彼らは僕と僕の家族のためにあらゆることをやってくれている。

もちろん、ベストチームのひとつだし、彼らと契約したいと思っているよ。

なお、ジェイムスはNBAオールスター期間中にワクチン接種についてこう語っていた。

家族と話し合わなければならないね。

プライベートなことだから、回答は控えさせてくれ。

組織の85%以上が接種を終えた場合、そのチームは行動制限が緩和されるというが、指揮官のフランク・ボーゲルHCによると、レイカーズの組織で接種を終えたのはまだ85%に満たないという。

ジェイムスとアンソニー・デイビスが復帰したものの、シュルーダーが離脱する事態となってしまったレイカーズ。

果たしてこの難局を乗り越え、NBA連覇という偉業を達成することができるだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA