【スポンサーリンク】

ニコラ・ヨキッチ「バスケットボールを始めた時は腕立て伏せもできなかった」

ニコラ・ヨキッチ「バスケットボールを始めた時は腕立て伏せもできなかった」

デンバー・ナゲッツのNBAオールスター、ニコラ・ヨキッチは先日、2014年のNBAドラフトで指名されるとは思っておらず、ドラフトが開催されていた時は眠っていたことを明かした。

その後兄弟から電話があり、NBAドラフト全体41位でデンバー・ナゲッツから指名されたことを知ったというヨキッチ。

当時はヨキッチがNBAオールスターになり、MVP最有力候補になるとは誰もが思っていなかっただろう。

ヨキッチによると、ナゲッツから指名された当時はNBAでプレイできるコンディションではなかったという。ヨキッチのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

故郷のセルビアでバスケットボールを始めた当時、僕は文字通り腕立て伏せもできなかった。

それからここNBAに来た。

NBAの中で最もコンディションが悪かったんじゃないかな。

当時はコカコーラを1日1ガロンは飲んでいたからね。

ヨキッチによると、NBA入りしてからは自身のゲームを改善するだけでなく、コンディショニングにも注力するようになったという。

いつも飄々とした態度でインタビューに臨むヨキッチだが、その裏ではとてつもない努力を重ねているのだろう。

ナゲッツは現在5連勝中と絶好調。

ヨキッチにはナゲッツをさらなる高みに引き上げ、NBAを代表するスーパースターのポジションを確固たるものにしてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA